3万円のオートマン付きゲーミングチェアを使ってみた結果

職場に新しい人が入ってくると、仕事を分担できて楽になる部分もありつつ、人間なのでどうしても自分と比較してやきもきしてしまい、ストレスをかかえてしまいがちです。

あるいは上司からのダメ出し。そういうつもりでこの資料作ったんじゃないだけど!と思っても、そんなことは気にとめてくれないことが多々あります。

家に帰っても、特にお子さんのいらっしゃる家庭では、家に片付けをしたり、 子供を病院に連れて行ったりと、 夫婦間の分担で口論になったりすると大変です。

職場でも自宅でもこうしたストレスをかかえ、間の通勤時では満員電車という別の意味で過酷な環境にあるのが日本人の実態ではないでしょうか。

「ストレス」に関する意識調査



実際、こちらのリンナイによる” 「ストレス」に関する意識調査”(2018年4月実査)によれば、6割以上の方がストレスが原因で体調不良があると回答しています。

具体的なストレス反応としては、「首や肩のコリ、腰痛がある」という回答が44.4%あり、トップとなっています。

職場、通勤時、居間でストレスを抱えがちなら、自部屋では作業している時でもできるだけ心身リラックスして過ごしたいものです。

かくいう僕もそういったストレスが1-2年前まで非常に高い状況で、心身に様々な不調反応がありました。

そこで家庭環境を抜本的に見直して猫を飼ったり、部屋の配置を大幅に変えていらないモノを捨てたりしました。

そこで気づいたこととして、最もリラックスできる自部屋のイスが非常に大事ということでした。

一日7時間前後休むベッドや布団とともに、多くの時間を過ごすのが自部屋のイスですが、意外と以前からあるものを使い続けてしまいがちではないでしょうか。

なかなか壊れないし、そこに常にあるのだから中々見直そうという発想につながらないからです。

でもここが落とし穴です。

実はイスを変えるだけで、自部屋で起きている時間のリラック度、ストレス度が非常に変わってくるからです。

先の調査結果にあった首や肩のコリ、腰痛は、イスと密接に関わることは容易に想像がつくはずです。

オットマン付きゲーミングチェアのおすすめはこれ!



僕は2年前にそのことに気づいて、書斎のデスクとイスを変えました。

イスは首、肩、腰、お尻と多くの身体が接触するので重要です。

そこで長時間座っていても最も疲れにくく、気軽に仮眠することもできるこちらのゲーミングチェアに変えました。

IMG_2297.jpg

楽天週間ランキング1位を獲得しているオットマン付き ゲーミングチェアです。

こちらの椅子の通販専門店、イス王国 本店でも、ゲーミングチェア売れ筋ランキングで第2位です。(1位は安価な2万円前後の商品)

座った時の腰、ひじ、後頭部のフィット感が抜群です。




特に腰ですね。家で仕事をしていてもクッションがきいているので、とても快適です。

これに一度座ってしまうと、元に戻ることはできなくなります。



3つの利用シーン:仕事や読書、映像視聴時、仮眠



このゲーミングチェアを使っている時間で最も長いのは今この記事を書いているような時間ですね。

会社の仕事をしたり、タブレットで書籍や漫画を読んだりするときはリクライニングを倒さず、机に向かって使っています。

次に多いのは、Netflixなどでアニメや映画を観る時です。

リクライニングを倒し、座る面の下に収納してあるオートマンを引き出して足の先を載せています。

映画館以上にリラックスして快適に楽しむことができます。

最近は更に欲張って、限界の160度までリクライニングを倒してこのイス上で腹筋運動をしながらNetflixの二カ国後同時表示しながら楽しんでいます。

ストーリーを楽しみつつ英語の勉強をして、腹筋を鍛えつつ、心身はリラックスできるという何重ものメリットを同時に享受しています。

3つ目の利用シーンとしては仮眠です。

疲れていて眠気がある時はがんばって仕事を続けても、集中力を発揮できないので、生産性が著しく落ちます。

頭が回らず時間だけを浪費しがちです。

実際、こちらに掲載されている「勉強時間による学習の定着・集中力に関する実証実験」からも、長時間学習”よりも短時間で集中して行う“積み上げ型学習”の方が、学習の定着・集中力に対して効果があるということがわかっています。

前頭葉のガンマ波が集中力に関係しており、40分以内に休憩することで集中力を回復させることがパフォーマンスを向上させるというわけです。

そこでこのゲーミングチェアの160度リクライニング機能とオートマンが威力を発揮するわけです。

ほぼふとんで寝た状態同様にリラックスできます。



目覚ましを15分後にセットして仮眠し、再び仕事に励めば、集中力が回復して生産性がアップします。

僕は何度もこの機能で疲労回復感を実感しています。


まとめ



疲労感はイスを見直すことで大きく変わります。

あなたの部屋のイスは最適なものでしょうか?

安くはありませんが、3万円弱なので高すぎることはないはずです。

毎日に生活のストレス感が変わりますよ。

組み立ても難しくなかったです。差し込んでネジを締めるだけなので、20分あれば終わるはずです。

長い時間、身体を接触させているのがイスなので、見直してみてはいかがでしょうか。




関連記事

Comments 0

Leave a reply