GW明けから始まる令和時代の働き方見直しポイント

2019年4月1日から 働き方改革法案が施行され、昭和の時代からみてもかつてないほど働き方のあり方に注目が集まっていますね。

下記のGoogleトレンドでの検索数推移からみても一目瞭然です。

googletrend.png

しかし人間には現状を維持する方がリスクが少ないと誤解する生得的性質があり、中でも日本人はセロトニントランポーターの量が少なく心配性で、多数派の意見に同調する傾向が強いため、気にはなっているものの変化を起こせないでいる人が多いと推測します。

そこで少しでも皆さんの働き方へのヒントになればという思いから、 中年の僕が感じる働き方にまつわる通説の誤りをご紹介します。

こちら4点になります。

  1. 2019/4/1から日本では残業上限規制が全面施行される
  2. 40歳以降の転職は無理ゲー
  3. 40歳以降の語学やITスキル習得は意味なし&無理ゲー
  4. 副業は20-30代の若者がやること


2019/4/1から日本では残業上限規制が全面施行される



厚生労働省の「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律について」というページに掲載されているパンフレットを見てもわかるのですが、この4/1から施行対象となっているのは大企業のみなのです。

日本の雇用の7割を支える中小企業※での施行は2020年4月1日からです。

また、月60時間超残業に対する割増賃金率引き上げに至っては2023年4月1日から、雇用形態に関わらない公正な待遇の確保は2021年4月1日からの施行となっています。

※資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人であつて、製造業、建設業、運輸業その他の業種(次号から第4号までに掲げる業種を除く。)に属する事業を主たる事業として営むもの 【中小企業基本法第2条第1項】

更にいうなら残業上限規制といっても月80時間、単月100時間以下という水準なので、まだまだ過酷だと思います。

40歳以降の転職は無理ゲー



僕は実際40歳以降3回転職しており、これまで働いていない期間は1ヶ月だけで今も自分の得意分野の仕事ができています。

確かに統計的に40代以上の求人数は減少しますが、業界と職種を見定めて普段の勉強を怠らなければ適切な職場を見つけられるはずです。

転職方法には自分で企業に直接応募する、知人の紹介、転職サイト経由など様々ありますが、一定レベルのキャリアのある方への僕のおすすめは、ビズリーチとリクルートキャリアが運営するCAREER CARVER(キャリアカーバー)に常に最新のレジュメを登録しておくことです。

この二つが質と量で別格だからです。

自分のキャリアの見直し、棚卸になるだけでなく、企業やヘッドハンターからのスカウトメールを受け取り面接などを定期的に行うことで、自分の市場価値を把握できるからです。

もちろん待つだけでなく、自分から企業やヘッドハンターにアプローチすることもできます。

実際40歳以降の3回の転職はすべて上記のサイト経由で実現しています。

40歳以降の語学やITスキル習得は意味なし&無理ゲー



昭和の右肩上がりの経済成長時代では、一度会社に就職したサラリーマンは猛烈に長時間働き、家ではゆっくり休むのが当たり前でした。

その子供世代である20-30代の子供も親の働き方をみて育ってきているので、同じような過ごし方になりがちです。

そうするといつの間にか勉強するのは大学までで、会社に就職したら飲み会やゴルフといった付き合いが大事という意識になってしまいがちです。

実際、総務省統計局の平成28年社会生活基本調査によれば、30歳以上64歳以下の大人の一日当たり平均6~8分程度となっています。

しかしだからこそ、勉強すればそれだけ差別化できることになります。

科学的にみても、こちらのBusiness Insiderの記事(2017.7.31)の通り、集中力は43歳前後、感情認知能力は48歳前後、計算能力や新たな情報を理解し学ぶ能力は50歳前後がピークなのです。

kiyun-lee-1179057-unsplash.jpg

僕は昨年からネイティブキャンプというオンライン英会話サービを活用したり、TEDICTという日英同時字幕表示のできる英語のプレゼンテーションを聴いたり、Chromeの拡張機能を使ってNetflixの海外ドラマを日英同時字幕付きで観たりしています。

英会話アプリNative Camp (ネイティブキャンプ)
英会話アプリNative Camp (ネイティブキャンプ)
開発元:NativeCamp Inc.
無料
posted withアプリーチ

TEDICT LITE
TEDICT LITE
開発元:CoCO SWING
無料
posted withアプリーチ


またRを使った統計分析スキルを学んでいます。

若いころより吸収力が高いです。

世間がいつの間にか植え付けた自分の認識を一度疑った方がいいですね。

いつからでも遅いことはなく、今すぐ開始すればいいだけです。

やればやるほど視野が広がり、新たな発想の手がかりを得られるはずです。

業務に関連する勉強すればなおさらです。

やっぱり本を読んだり論文検索したりして読むのがコスパが高いです。

疲れているときや手がふさがっている時は、 学ぶ系のYouTubeやオーディオブックを聴いたりするのが時間効率が高いです。

副業は20-30代の若者がやること



これも何となく世間のイメージに流されている認識だと思います。

いい年した大人がみっともない、副業など会社でうまくやっていけない若者がやることだなどといった認識です。

今後の日本の未来を考えると、リストラされやすい中年こそスキルアップと本業と相乗効果の高い副業をしないとまずいんですけどね。


多数派でないと不安になってしまうのが日本人の心性です。

先に書いたように中年の方が能力が高まっているのですからすぐに開始すればいいんですけどね。

関連記事

Comments 0

Leave a reply