【感想と考察】天国大魔境2巻までの謎~印象深い設定や描写を中心に

「アフタヌーン」2018年3月号より連載され、2019年の「このマンガがすごい!2019」オトコ編第1位という話題性と、「外天楼」などの先品で知られる石黒正数先生の作品ということで、既刊の2巻まで読んでみました。

天国大魔境

「ドラえもん」の藤子・F・不二雄先生や「AKIRA」の大友克洋先生の影響を受けていることを感じさせる作風で、謎に満ち溢れています。

壁に隔離された世界、災害後の荒廃した世界、二つのシンクロする異世界、怪物、異能力、異性愛と同性愛、男女入れ替わり、ロボット・ガジェット・監視センサーなどのSFアイテム、駆け引き応酬のバトル、サバイバル、ウィルス感染。

こんな美味しいネタをわずか2巻の中で全て展開しているとんでもない作品です。

密度がとにかく凄い!

まだ2巻ということもあり、世界観と主要登場人物が紹介されたところで、全体のストーリーラインははっきり見えませんが、あらすじをご紹介しておきます。


近未来の日本。壁に囲まれた緑豊かな施設の中では、何人もの少年少女たちが暮らしていた。そのうちの一人であるトキオは、抜き打ちテストの最中、答案の端末に「外の外に行きたいですか?」という謎のメッセージが表示されているのを見つける。そのことで、トキオはそれまで考えたこともなかった施設の外に興味を持ち始める。勘の鋭い少女ミミヒメは、「外からふたりの人が僕を助けに来てくれる。

そのうちの一人はトキオにそっくりの顔をしている」と予言する。しかし、施設を取り仕切る園長は、「外の世界は怪物たちがうごめく地獄だ」とトキオに教えるのだった。施設の外を調べ始める中で、トキオは周りの子どもたちの様子がどことなくおかしくなっていることに違和感をいだき始める。

一方、荒廃した街の中で、トキオにそっくりの顔立ちをした少年マルと、彼をボディガードとして雇った少女キルコの二人組が、サバイバル生活をしながら旅をしていた。二人はある男たちを探しながら、目的地である「天国」を目指していた。しかし、荒廃した世界には人間だけではなく、「人食い」や「ヒルコ」などと呼ばれる、巨大な鳥のような姿をした怪物が人間を襲っていた。

マンガペディアより引用


トマトのなる天国と、マルとキルコがサバイバル生活をおくる災害後の荒廃した世界という二元的世界が現代の格差社会を暗示しているように感じるな

そういう暗喩なのかもね。災害後ベッドで餓死している男女や洪水で水浸しの街とか、なかなかショッキングでリアリティを感じさせるんだよね


鳥、魚、4本足の動物が奇怪に変形した怪物はその形状もさることながら、人を食ってしまったり、なかなかのインパクトだよね

うん。どういう意味なのか、まだちょっとわかんないね


結構エロスの要素を挿入してうまく読者を惹きつけてる印象もあるな

女性の肉体に男性の心がのり移るという、エンタメコンテンツ定番の手法を使って刺激を与えているね


天国のモチーフが何でトマトなんだろう?

ハハハ。確かに1巻の最初のコマがトマトだからね。石黒先生が幼少期に食べたトマトがこの世のものとは思えないほどうまかった思い出があるのかな?



時代の空気をとらえた読み応えるのある漫画作品として、とても楽しみです。



関連記事

Comments 0

Leave a reply