漫画「漂流の街」〜タクシーで運ぶ人の幸せ 

マンガZEROで見つけた人生を切り取るタクシーの漫画、「漂流の街」。
20170706211821a5c.jpg

昭和を思い起こすようなハードボイルドな佇まいの表紙だ。 

この男、木暮遼一は昔、首都高の鬼と呼ばれ、暴走族たちに恐れられた警察隊の隊長。

タクシーには様々な人が乗り降りする。そこではそれぞれの人生の一瞬が切り取られる。

重傷を負ったヤクザが、タクシーに乗り込む。過去に愛したが捨てた女から手紙。そこには小学生になった子供の姿。死期が迫る中、女に会いに行くのを手助けする木暮。


北海道から上京した高齢の母親と極道の息子を運ぶタクシー。戦時中、愛する隣人が戦争に駆り出されていった時代に想いを馳せながら、極道になっても人を見殺しにするな説く母親。

一流商社に勤めるも、娘の喘息にさえ気づかないほど仕事第一で生きてきた男性。単身で転勤の飛行機に乗る予定だったところ、木暮に本心を言い当てられ、家族のいる羽田空港へと方向転換することに。

このような感情に訴えるショートストーリーがループしていく漫画。一読の価値ありだ。



関連記事


著者 ”さぐりん”の紹介

十代の一人娘と子猫と暮らすという、レア人種のアラフィフ男子。 ユニークな遊び体験やコンテンツ作品の背景にある社会や人の本質について、感じ、考えたことを発信しています。

こちらからフォロー、継続購読していただけたら、嬉しいです。


follow us in feedly

Comment

Add your comment