「99.9 -刑事専門弁護士-」と「グッドパートナー 無敵の弁護士」 

今クールで人気の二つの弁護士ドラマ。似てるような似てないような。好みも人により分かれるところ。分解するとこのように捉えられる。

20170717205940b2f.jpg

共通点
弁護士が主人公で、主な舞台は弁護士事務所と接見の場。

主人公弁護士のパートナーはいずれも女性の弁護士で、ライバル的関係性。

物語の主な面白みは、真相追及や立証における謎解きと、道化役や演出などによる笑い要素。

基本は1話一事件で展開。サブストーリーとして弁護士の家庭事情が描かれる。

両弁護士事務所代表は一歩下がって、時折気のきいたセリフを述べる切れるボス。



差異点
扱う案件が刑事事件と企業法務案件という違い

主人公弁護士のキャラクター属性が、奇矯な行動の目立つダジャレ好きの独身か、クールな二枚目のバツイチか。

主人公弁護士のアイコンが、両耳に手を当てて話しを聞く仕ぐさと調味料セットか、弁護士バッジ外して話す決め台詞か。

主人公弁護士のライバル的女性弁護士が、同僚か元妻か。

笑いの対象が、寒いダジャレと道化役の一瞬芸か、道化役弁護士の婚活活動に伴う言動か。



複数の比較対象を捉える時、比較の軸の抽象度をどのレイヤーに定めるかを考え、違いだけでなく共通要素も適切な抽象度のもとで捉えることが大事。人によって「あれは同じだよ」、「いや全然違うよ」という不毛な議論は避けたいものだね。



関連記事


著者 ”さぐりん”の紹介

十代の一人娘と子猫と暮らすという、レア人種のアラフィフ男子。 ユニークな遊び体験やコンテンツ作品の背景にある社会や人の本質について、感じ、考えたことを発信しています。

こちらからフォロー、継続購読していただけたら、嬉しいです。


follow us in feedly

Comment

Add your comment