HoneyWorksのセグメント特化アプローチ 

娘にせがまれて、アニメ映画「好きになるその瞬間を。〜告白実行委員会〜」を観てきた。
201701040856322bc.jpeg

この映画の原作はニコニコ動画にアップされたボカロ動画。

手掛けているのはHoneyWorksというクリエイターユニット。

女子中高生に完全にターゲットを絞り、彼女達の最大の関心ごとである恋愛をテーマにした楽曲動画を多数制作している。

この楽曲動画は漫画風の質の高い絵柄表現となっており、歌詞は全て左下テロップで表示され、作品理解を促進している。

彼らの人気の加熱ぶりは凄い。Googleトレンドで検索数の推移は下記のとおり。
20170104085806dfc.jpeg

YouTubeの公式チャネルの数十本の動画のうち、5本は1千万回を超えている。

こちらがそのうちの一つで今回の映画の原作動画だ。



2011年からのニコニコ動画での楽曲動画公開でコアなファンをつかまえ、楽曲の世界観を固めていき、コミケでの漫画配布、そしてノベライズ、今年の二本の劇場映画公開や声優イベントとメディア展開をはかり、女子中高生の心をつかんでいったようだ。

テレビなどのマスでのプロモーションはしておらず、私の娘もたまたまYouTubeのおすすめで知ってはまっていったとのこと。

作品世界の根幹は学校生活を取り巻く多様な人間関係での恋愛模様と、告白のシチュエーションとセリフなどのバリエーション。

幼馴染の女の子が好きだが、言い出せない男の子。その男の子のお姉さんは、幼馴染の女の子のお兄さんと付き合っている。

幼馴染の女の子は学校でたまたまぶつかって知りあった2年先輩がだんだんと気になる存在になっていく。そして告白しようとするが...。

大人からすると一見狭い世界だか、学校生活を深く掘り下げることで当事者の中高生にとってはリアリティのある他にはない濃密な世界が形づくられている。

ターゲットに特化した世界観の掘り下げと最適なメディアミックスの好例といえる。

ターゲットを変えたり、掘り下げる世界観を見直すだけでこのアプローチはまだまだ応用ができそうだ。

関連記事


著者 ”さぐりん”の紹介

十代の一人娘と子猫と暮らすという、レア人種のアラフィフ男子。 ユニークな遊び体験やコンテンツ作品の背景にある社会や人の本質について、感じ、考えたことを発信しています。

こちらからフォロー、継続購読していただけたら、嬉しいです。


follow us in feedly

Comment

Add your comment