人の個性を知る映画「ファインディング・ドリー」 

先日、障害をもったある経営者の講演会に行った。話の冒頭にこういう言葉があった。
「皆さん、ライターとストローには、ある共通点があります。何だと思いますか?」

わからなかった。
答えは実は両方とも、障害者が起点となって発明されたものだという。

ライターの発明者は、戦争で片腕を失った兵士、ストローの発明者は、生まれつき全身が動かない方なのだ。

障害者視点で考えられたこれらの製品は
今ではすべての人にとって便利なものになった。

障害のことだけでなく、病気、価値観、得意不得意、性別、年齢、セクシャリティ、宗教、人種など、この世界は多様性の固まりであり、唯一絶対は存在しない。

しかし、多様性は対立と混乱を生み、シンプルさへの人の渇望は、これらの多元軸を一本化しようとする。IQ、偏差値など。

わかりやすいが、そこから見えなくなったものを捨象してしまう。

そして、偏見・差別・いじめが起きる。

異質なものは怖い。これも人間の自然な心理。

しかし、見方を変えればそこには自分にない長所や新たな発見があるのだ。

短期記憶に障害をもつドリー、7本足のハンク、視力が弱いデスティニーらを見ていてそんなことを考えた。
201707171811163ec.jpg



関連記事


著者 ”さぐりん”の紹介

十代の一人娘と子猫と暮らすという、レア人種のアラフィフ男子。 ユニークな遊び体験やコンテンツ作品の背景にある社会や人の本質について、感じ、考えたことを発信しています。

こちらからフォロー、継続購読していただけたら、嬉しいです。


follow us in feedly

Comment

Add your comment