結婚アフロ田中 2巻の感想~ライトな下ネタ×夫婦・恋愛=爆笑です

日頃、仕事で「論理的かつ簡潔に」、「コミュニケーションが大事」、「独自性を」などと面倒な話をしていると、脳にストレスがかかって疲労しますよね。

はい、今日僕も休日だというのに朝から頭痛がひどかったです。


そんな時にはわかりやすく思わず笑ってしまうマンガを読むといいですよね。

笑いは副交感神経を優位にして、心身のバランスを整えるのに効果があるからです。

本作品は、ちょうどこういった時に読むのに最適です。

アフロ田中結婚

※1巻からのあらすじ、感想はこちら

記事タイトルに書いたように、ライトな下ネタをベースに人が羞恥心から普段は声に出さない欲望をわかりやすく大げさに可視化してくれていています。

最初から最後まで、爆笑ものです。


例えば、第1話「こんなイイ店」では妻帯者である30歳の男4人が集まってプールで出かけるというエピソードです。

そうすると何が起こるかはだいたい想像できますよね。

男たちは妻に何と言って出かけてきたのか。

なぜプールに来ると罪悪感を感じてしまうのか。

遺伝子レベルが高い男と財産レベルの高い男のどちらを女は選ぶのか。

煩悩を捨てる道と、快楽と失望の連続となる茨の道のどちらを選ぶべきか。

このようなことが語られていきます。

一人が人間心理の本質を突きつけつつ、聞き手役の男たちはおバカさんキャラで大袈裟に反応するという、緩急ある展開リズムがとてもよく、爆笑を禁じえません。



関連記事

Comments 0

Leave a reply