GIGANT 1巻の感想~巨大化という男子の夢がパピコという組み合わせの妙

GANTZいぬやしきという奇想天外さがウリの作品を生み出してきている 奥浩哉先生の新作漫画です。

GIGANT1巻

またもや1巻から飛ばしてくれています!

GANTZ、いぬやしきが好きな方は間違いなくもっていかれる作品だと思います。

いぬやしきは主人公が58歳のおっさんという設定でしたが、こちらは謎の未来人の事故に遭遇したことがきっかけで、巨大化してしまうことになるパピコという女優の設定。

巨大化は変身ヒーローなど男子の定番幻想なわけですが、今回巨大化するのは男子の妄想対象の女優という奇想天外さ!

やってくれちゃいましたってとこでしょうか。

物語の展開でこの女優にからんでくるのが、映画監督にあこがれる高校生の横山田と、パピコと同棲している竜二という彼氏。

いわゆる三角関係ですね。

その他にもSNS、AI、エログロネタ、投票・ランキングシステム、イケメン男優、巨大地震など、現代日本人の関心事や欲望が奇想天外な話の中にスムーズに取り込まれ、怒涛の展開を見せてくれます。

いったいどういう設定なんだと謎に魅了されつつ、物語の展開と描写が秀逸なので、わかりやすく次の展開が読みたくてしょうがなくなります。


いやー、参りました。

2巻も買いますね。




関連記事

Comments 0

Leave a reply