話題にならない「カンフーパンダ3」、Netflixで独占配信 

カンフーパンダは1も2も観ていて子供が大変気に入っている作品。ポーの表情、仕草が笑いを誘いつつ、小気味いいアクション、美しい東洋の風景が魅力的で、ベタなストーリーでジンと泣かせるシリーズだ。
20170717185525f5b.jpg

このシリーズ三作目も、全2作の路線を受け継ぎ、新たな強敵の登場をベースに親子愛、仲間の協力、諦めない心と成長という定番のテーマを扱っており、親子で安心して観られる内容だった。

本国アメリカで初登場1位、作品舞台となっている中国ではアニメ歴代No.1のヒットとのことだが、日本ではドリームワークスの力不足か、劇場上映なく、Netflixのみというのは寂しい限り。ミニオンズと比べると内容は同等だし、もっとうまく宣伝したら日本でも間違いなくヒットするでしょ。。

親子ものCGアニメ×パンダなどの動物もの×東洋の舞台×カンフーという組み合わせはかなり独創的ポジションだし。

「シン・ゴジラ」、「君の名は。」ともにソーシャルメディアの口コミ力が興収を大きく左右しているとの分析記事があったのを思い出す。

もったいない、もったいない。


関連記事


著者 ”さぐりん”の紹介

十代の一人娘と子猫と暮らすという、レア人種のアラフィフ男子。 ユニークな遊び体験やコンテンツ作品の背景にある社会や人の本質について、感じ、考えたことを発信しています。

こちらからフォロー、継続購読していただけたら、嬉しいです。


follow us in feedly

Comment

Add your comment