お台場ホラー観覧車、血バサミ女の観覧車は二人だけの特別な体験になるよ!?

またまた新たな趣向のホラーイベントが登場しました。

夜のお台場パレットタウン大観覧車という密室空間を舞台に、ヘッドホンからの3D音響×夜景をバックに窓に映し出される恐怖映像×揺れる椅子という今までにない演出でホラー体験を味わえるというもの。

猛暑が続くまさに今の季節にうってつけともいえる取り組みです。

先週末、若いカップルだらけのお台場の夜に高校生の娘と行って参りましたので、ネタバレにならない範囲でご紹介しますね。


当日、今までにない舞台と演出にワクワクしながら観覧車乗り場に駆け付けました。

2018072307462229d.jpeg

このホラー観覧車に乗りたいんですけど。

スタッフの方「本日の整理券はすべて配布し終わりました。」

え??どうやって整理券は入手するのですか?

スタッフの方「18:30からこの場で配布しております。」

興味が先立ち、事前リサーチ不足でした。

こちらの公式サイト上をぱっと見ただけではこの情報はわからないのです。。

よく情報をたどっていくと、Twitterにこうアナウンスされています。



ホラー演出を体験できる観覧車の箱は限られており、30分ごと2組しか体験できないとのこと。

ガーン。。がっかり。でもやっぱり行きたい!

明日再チャレンジする?

うん!!


ということで、パレットタウンの駐車場料金600円を無駄にしたことにめげず、翌日再チャレンジすることに。

18:00に入場口に行くと、まだ誰も並んでいませんでした。

30分ほど待ち、無事整理券をゲット!

20180723074621c53.jpeg

実際の開始時間まで間があるので、近くの有明パークビル2Fにあるココスで夕食を済ませ、再度入場口へ。

通常の観覧車利用者とは別のルートであるエレベータに乗って、観覧車搭乗口までスタッフの方に案内されます。

20180723074659757.jpeg

壁にはこのようなポスターが。

20180723074635ff8.jpeg

ある男性に一方的な思いを寄せた女性。断られたことからハサミで男性を傷つけ、自らも自殺をはかることで永遠に一緒に居られることを願った・・・


ゴンドラの中の二人は、この女性に邪魔者として密室内で襲われるという設定です。

やばそうですよね・・。

スタッフからはヘッドホンを渡されます。

その場で数分待っていると、外側に赤い手形がついた不気味な特別仕様のゴンドラが回ってきます。2台だけがこの特別仕様になっているようです。

室内には写真が無数に張られた装飾が施され、おぞましい姿のウサギの人形も。。

20180723074636aa6.jpeg

20180723074649307.jpeg

20180723074706482.jpeg

座るのは何やら怪しげなこの椅子です。。

20180723074655ce3.jpeg

腰掛けてヘッドホンにケーブルを差し込むとすぐにスタートです。

不気味な男の人のナレーションが流れます。

辺り一体は暗闇の中、お台場の夜景が遠くに幻想的に浮かんでいる状態です。

目の前の透過スクリーンに映像が映し出されていきます。

ここから上記世界観に基づくストーリーが映像×立体音響×振動によって展開されていきます。

201807230747001fd.jpeg

自殺した女からあることを指示されます。

いわゆるミッションですね。

暗闇の中、上下左右をよくみてください。

僕らは残念ながらバットエンドになってしまいました。

201807230747011e1.jpeg

どの程度怖いかって?

それは同行する相手次第でしょうね。。

9/2までの期間限定体験です。

大切な人と行ってきてください。


その後の二人の関係が深まるか、それもあなた次第でしょう。

血バサミ女の観覧車の概要

  • 開催期間:2018/7/14(土)~2018/9/2(日)
  • 開催時間:20:00~22:00(週末は23:00まで) ※18:30から入口で配布される整理券が必要
  • 乗車定員:2名/1台(1名でも乗車可能)
  • 利用料金:おとな1,000円、こども500円
  • 住所:東京都江東区 青海1丁目3−15 お台場パレットタウン
  • 最寄駅:りんかい線「東京テレポート」駅より徒歩3分、新交通ゆりかもめ「青海」駅からパレットタウンへは直結
  • 駐車場:タイムズパレットタウンパーキング(24時間) <土・日・祝>最初の1時間まで600円。以降30分毎に300円、<平日>最初の1時間まで500円。以降30分毎に250円。当日1日最大1,500円
  • 提供会社:株式会社闇、サノヤス・ライド株式会社、HEART-S
  • 公式サイト:http://kanransya.death.co.jp/



関連記事

Comments 0

Leave a reply