2018年夏の新お化け屋敷2選!~美しすぎるお化け屋敷THE WITCH(ザ・ウィッチ)&超・怨霊座敷

嫌な梅雨の季節ですねえ。寒暖の差も結構あり体調管理に気をつけたい今日この頃です。

しかしあと1ヶ月もすれば夏!

夏といえばお化け屋敷!

共感していただける方は一定層いらっしゃるかと思います。

都心の常設お化け屋敷はすべて足を運んでいるので、夏に新たにオープンする期間限定のお化け屋敷が楽しみなのです。

2018年夏の期間限定で催される都心の新お化け屋敷で、注目は何といってもこの二つです。

THE WITCH

超・怨霊座敷

美しすぎるお化け屋敷THE WITCH(ザ・ウィッチ)@横浜大世界アートリックミュージアム



これはお化け屋敷業界での新しい試みが満載で大注目しています。

既に8/4(土)18時からの分を予約しましたw。

注目ポイントは以下の5点です。

  • 女性ホラープロデューサー“夜住(よずみ)アンナ”さんによる“女性の美しさ”に焦点をあてた 女性がつくるお化け屋敷
  • 日本初上陸の“ダウンステア式”お化け屋敷(エレベータで屋上に行き、ストーリーとともにフロアを降りていく)
  • 前代未聞の撮れるお化け屋敷~100本以上のキャンドルなどで幻想空間を演出
  • 私語を慎み、没入するためマスクを着用
  • CAMPFIREのクラウドファンディングによる資金調達で、新たなギミックの開発とサービスの向上へ


台場怪奇学校の齊藤ゾンビさん、東京ドーム怨霊屋敷などの五味弘文さん、オバケン(畏怖咽び家)の吉澤ショモジさん、VRお化け屋敷などを手掛けるマイケルティー・ヤマグチさんなど、著名なホラープロデューサーは男性ばかりだったんですよね。

今回のTHE WITCHを手掛ける夜住(よずみ)アンナさんは、1994年生まれの20代女性。

子供の頃からお化け屋敷を創るのが夢で、ホラーで人を笑顔にしたいと述べていらっしゃいます。

下記が彼女のインスタ写真です。お綺麗な方ですね。



ギミホラという女性プロジェクトチームで活動されているようです。

ホラーの世界は厳かで美しく演出できるので、実は女性と相性がいいはずです。



女性ホラープランナーはまさにブルーオーシャンの世界!

こちらがそのクラウドファンディングのサイトです。

7/15までの目標金額が100万円。

サイトオープン2日目の6/21現在、15万3千円がパトロン13人から集まっています。

この分でいくと目標金額を超えそうですね!

ファンディングのリターンとして、ファン向けにはオリジナルのポストカード・ステッカー・アロマキャンドル、THE WITCHイベント疑似体験DVD、一般先行体験会招待、ディナーショーA席優待券などが用意されています。

また、企業向けにはアイテム・商品をイベントのギミック演出に使用する権利として40万円というプランも用意されています。

新しい試み満載です!

これは行くっきゃない!!

美しすぎるお化け屋敷THE WITCHの概要

  • 住所:〒231-0023 横浜市中区山下町 97(横浜中華街・天長門正面)
  • 料金:一般 2,900円(前売りチケット)/当日チケット 3,500円
  • 開催日:2018年8月3日(金)~5日(日)・17(金)~19(日)・24(金)~26(日)・31(金)~9月2日(日)
  • 開催時間:18:00~22:15(最終受付21:30)※オープン日(8月3日のみ)18:15~22:15(最終受付21:30)
  • 体験時間:約1時間
  • 年齢制限:15歳未満不可
  • 予約サイト:http://www.gimihora.com/thewitch/#ticket
  • 監修・プロデューサー夜住アンナ、提供会社:株式会社アカツキライブエンターテインメント(ALE)ホラー事業部



夏の特別演出 超・怨霊座敷@東京ドームシティ アトラクションズ



こちらは五味さんの本拠地ともなっている東京ドームのお化け屋敷の2018年版、「怨霊座敷」(2018/4/20オープン)が、7月14日から9月24日の夏だけパワーアップして「超・怨霊座敷」となるものです。

ストーリーのアレンジと恐怖演出のパワーアップを行い、新たなに怨念が強く宿る夜雨子の足首を縄で縛ってくるというミッションが加わることのこと。

無事に戻ってくることができるんかい!!

しかも、17時以降の【ハード ver.(夜の部)】は、16時までの【ノーマル ver.(昼の部)】よりも恐怖の演出ポイントがさらに倍増し、恐怖度が何倍にもアップすると書いてあります。

パワーアップ前の怨霊座敷は僕も既に娘と足を運び、怖さを堪能してきました。

靴を脱いで途中の布団が敷かれた部屋でとっておきの恐怖体験が待ち受けており、絶叫しました(汗)。

こちらにその記事を書いています。

これでかなり怖かったのが更にパワーアップするとどうなるんですかね、、。

怖いけど好奇心、想像力が先走ります!

こちらも僕は確実に行くことになると思いますw。

超・怨霊座敷の概要

  • 住所:東京都文京区後楽1丁目3−61
  • 交通:JR「水道橋駅」東口、都営地下鉄三田線「水道橋駅」A2出口、東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」2番出口、都営地下鉄大江戸線「春日駅」A1出口
  • 駐車場:タイムズ東京ドームシティ駐車場(7:00~19:00、 30分/400円、ただし平日は基本的に最大 1,500円。ただし、ワンデー/ナイト割引パスポート・ライド5購入 、又はシアターGロッソヒーローチケット購入で4時間千円。)
  • 開催日程:2018/7/14〜2018/9/24
  • 開催時間:【ノーマル ver.(昼の部)】10:00~16:00、【ハ ー ド ver.(夜の部)17:00~22:00
  • 年齢制限:6歳未満不可
  • 料金:1,030円
  • 提供会社:企画制作 :(株)オフィスバーン、プロデュース :五味弘文、映像演出 :チームラボ


事後のレポートはまたあげさせていただきます。

関連記事

Comments 1

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018-07-09 (Mon) 11:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply