「そして、誰もいなくなった」8話の予想、犯人は誰だ! 

犯人探しで盛り上がるこのドラマ。
次回8話の予告映像からその先の展開を予想してみた。

20170717204424f03.jpg

新一のドローンをのっとり、操ったのはだれか?


総務省内での出世に向けた人の買収工作のため金が必要であり、大学時代からの新一の能力に嫉妬する小山内、万紀子の実子であり、過去に義理の子である新一とのトラウマをかかえ、バーの運転資金が必要な日下、自分より能力が高い部下の新一に劣等感を抱く田島。この3人が、田島の計らいで会社から横領した二億円を山分けすることで裏で共謀し、新一の計画をつぶそうとしていた。

なぜ、田島は早苗を絞め殺そうとしたのか?


昔の記憶を頼りに田島の部屋を訪れた早苗は、田島の部屋にある情報操作のためのハイテク設備と、会社からの横領疑惑がかかっていた二億円を目撃し、驚愕する。秘密を知られた田島は早苗を絞め殺そうとする。

公安の追跡を逃れ、日下の家に逃げ戻った新一が目撃した驚愕の光景とは?


死んだはずのはるかが、そこにいた。はるかは新一を撹乱するため、万紀子の計画に従い、自殺を偽装していたが、再び新一に会いにきたのだった。

黒幕は、亡くなった夫の不倫が間接的要因で事故に巻き込まれ、車椅子生活を余儀なくされたばかりでなく、子供たちとも離ればなれとなってしまった万紀子。孤独な生活を長年過ごす中で、「世界を孤独にする」という、危険な思想に取り憑かれ、新一を巻き込み実行にうつしていたのだ。

さあ、週末の第8話は果たしていかに⁉︎

※関連記事
「今クール1番⁈『そして、誰もいなくなった』」

関連記事


著者 ”さぐりん”の紹介

十代の一人娘と子猫と暮らすという、レア人種のアラフィフ男子。 ユニークな遊び体験やコンテンツ作品の背景にある社会や人の本質について、感じ、考えたことを発信しています。

こちらからフォロー、継続購読していただけたら、嬉しいです。


follow us in feedly

Comment

Add your comment