「ピクサー・ザ・フレンドシップ」の体験施設写真を紹介。ラフォーレ原宿6Fで21時まで開催中。

2018/4/14からラフォーレ原宿の6Fにて開催されている「ピクサー・ザ・フレンドシップ ~仲間といっしょに冒険の世界へ~」。

201804181723487db.jpeg

ピクサーの長編アニメーションの世界観を形作った造作物の中に訪れた人が入り込んで写真撮影ができる体験施設ということで、さっそく足を運んで全部写真におさめてきましたw。

ディズニーファンの娘に即座に写真をシェアしたところ、「ずるい」という言葉とともにこんなスタンプのレスが。。

20180418172413318.jpeg

大人は当日券1,200円/前売り券1,000円。原宿ということで10-20代女性が非常に多く、出口付近の当施設限定商品売り場には多くの人がつめかけていました。

2018041817235056e.jpeg

撮影自由なピクサー作品展示内容の紹介



「トイ・ストーリー」から最新作の「リメンバー・ミー」までご紹介すると、こんな感じです。

入口から出口までの並び順です。この並びはどういう意図なんでしょうね?ピクサーなので何かわけがあると思うのです。わかる方は教えてください(笑)

トイ・ストーリー

201804181723590a1.jpeg

カールじいさんの空飛ぶ家

20180418172354c2d.jpeg

レミーのおいしいレストラン

201804181723555c8.jpeg

メリダとおそろしの森

201804181723561f0.jpeg

バグズ・ライフ 
虫だちの世界ということもあり、こちらだけミニチェアです。

20180418172352831.jpeg

ウォーリー

201804181724051a7.jpeg

インサイド・ヘッド

201804181723598a7.jpeg

カーズ

2018041817240161b.jpeg

アーロと少年

20180418172403b3e.jpeg

ファインディング・ニモ/ファインディング・ドリー

20180418172410b82.jpeg

モンスターズ・インク
マイクやサリーとともに友達と一緒に写りたい方は会場内スタッフに言えば気軽に応じてくれます。

2018041817240899a.jpeg

リメンバー・ミー

20180418172407bf1.jpeg

Mr.インクレディブル

20180418172407bb3.jpeg

最後にこちらがグッズ売り場です。

201804181724137b3.jpeg

こうやって振り返ると、意識はしていなかったのですが僕は最新作の「リメンバー・ミー」以外全部観てきていることがわかりました。

2018/5/13までの開催。休日やGWは混雑で撮影が難しくなりそうです。11時~21時の開催なので、ビジネスマンの方は仕事帰りに足を運んでみては。


こぼれ話~ピクサー撮影監督のプレゼン(TED)



ついでに思い出したのが、最近英語の勉強がてらにみていた、こちらのピクサーの撮影監督ダニエル・フェインバーグ女史によるTEDのプレゼンです。



水の動きなどをCGで制作する上で科学的なメカニズムを理解してプログラミングに落とし込むだけでなく、見ている人が映像世界に熱中して心を動かされる世界を形作るために微妙な調整を行っていることが語られています。

具体的にファインディング・ニモやウォーリーのライティングにおける苦労話が聴け、とてもためになります。

YouTubeですと英語の字幕だけ表示できますが、「TEDICT」というアプリを使うと英語の音声と同時に英語+日本語の字幕を同時に表示できます。

20180418173300458.jpeg

このアプリは無料のLITEと360円の有料版があるんです。

LITEでも映像と同時に二か国語字幕表示はできるのですが、有料版には日英全スクリプトの表示やスマホだけでできるディクテーション機能があります。

20180418173301b50.jpeg

たった360円なので有料版を使った方が絶対いいです。

LITE版と有料版共通で以下のような優れた機能も搭載しており、最強の英語学習アプリの一つといえます。

  • 再生速度調整
  • プレゼンのアプリ内ダウンロード機能
  • 各プレゼンで使われた全単語リスト表示とチェックしたい単語のブックマーク機能


関連記事

Comments 0

Leave a reply