シノビノ3巻までの感想~主要登場人物の魅力を史実とともに探る

3/13に単行本3巻が発売。

20180405172902c3d.jpeg

引き続きぐいぐい読ませる力がすごいです。今回気になっていた主要人物の史実を少し調べた上で、作品を読んでみました。

主要キャラクターごとに魅力と史実との違いなどをまとめてみます。

※1巻からの感想はこちら

沢村甚三郎



普段はボケた感じながら先を見越して策をこっそり仕込み、戦闘時に圧倒的強さを見せるじいさんシノビ。

架空のキャラクターと思ってこの漫画を読んでいましたが、調べてみると実在していたんですね。

時の老中首座(現在の総理大臣の職)、阿部正弘はぺリー来航を受けてどう対応すべきか、大名や旗本に意見を求めた。

この時、津藩(三重県西部)藤堂家当主、藤堂高ゆきの家臣が提案したのが、無足人(下層武士)で武芸に優れた沢村甚三郎を黒船に遣わせるということだったと。

史実ではペリー提督暗殺を託されたわけではなく、諜報活動を頼まれ、書類2通などを船からもち帰ったとか。

こうして世に最後の隠密活動をした忍者。

史実をふまえて改めて漫画を読むと、想像力が更に刺激されて作品世界に浸ることができます。


阿部正弘



作中では味方を騙してペリー総督と密約を交わし、腐りきった江戸幕府を潰すことを企む悪役です。

最初から甚三郎にこの悪事を見抜かれおり、グウーの音も出ないほどやり込められてしまいます。

しかし実際の正弘は25歳の若さで老中となり、27歳に老中首座に出世するというとんでもないエリートです。

長崎海軍伝習所(後の日本海軍)、講武所(後の日本陸軍)、洋学所(東京大学の前身)を創設し、品川台場(海上要塞)を作って軍力を自前で整備。

福山藩の初等教育で男女共学を取り入れるなど多くの業績を残しています。

最終的に米国と「日米和親条約」を結んで200年続いた鎖国を終わらせたわけですから、歴史上のインパクトは強烈ですね。

このように生き急ぎ過ぎたのか、39歳で生涯に幕を閉じています。


吉田松陰



コマに描かれた表情をみるだけで少しイカれたキャラクターだとわかる松陰先生。

サスケハナ号上での甚三郎との戦いでは家来を自爆させて武器として使うという狂気が描かれています。

そんな振る舞いに甚三郎はこういって諭します。


刃は心の上にある
心は刃を支えるためにある
強き刃と正しき心。
それを持つのが忍びの者だ。


「シノビノ 3巻」より引用


史実によれば、吉田松陰も黒船に乗り込んだのはペリー総督暗殺というより、先進国に外国留学するチャンスとして、密航させてもらおうと考えていたようです。

この後自首して牢屋に入れられ、獄中で囚人達を相手に「孟子」の講義をはじめたことが、後の松下村塾での活動につながっているわけです。


さて、皆さんはどのキャラクターに一番興味をもたれるでしょうか。

※その後発売された4巻の感想はこちら



関連記事

Comments 0

Leave a reply