花やしきのリトルスターとディスクオーで味わえるスリルはユニーク 

花やしきのアトラクションといえば、ローラーコースターお化け屋敷が有名ですが、意外と他の遊園地にない体感性をもつ2つのアトラクションを発見しましたのでここにレポートしたいと思います。

20171224170114a88.jpg

癖になる回転が面白いリトルスター



入り口すぐ右手にあり、中が見えにくいこともあり今までアトラクションの存在自体を認識していませんでした。

ご覧のように二人で向かいあった形で星型の装置内の席にすわるタイプです。

20171224170039bd2.jpg

全部で数台ほど円形に並んだ装置が円に沿って並んで回転していくだけでなく、なんと個々の装置自体が前後にくるくる回転するところがユニークなのです。

いきなり360度回転するのでなく、様々な角度で前後に回転し、あるタイミングで二人が上下に並ぶ位置で止まったり、緩やかに完全に360度回転したりします。

上下に二人が並ぶ位置で止まるとかなり笑いを誘うことがわかりました(笑)。娘は髪の毛が長いので、娘が上の位置にくると、その髪先が僕の顔にあたる感じになるんですよね(笑)

二人席の装置が360度回転する装置系アトラクションといえば、東京ジョイポリスの「トランスフォーマーアライアンス スペシャル」が思い出されます。

2017122417045496e.jpg

このアトラクションはかなりのスピードで斜めにも回転するためか、内臓が悲鳴をあげる感じで気持ち悪くなってしまい苦手なのです。

それに対して「リトルスター」はゆっくりとした回転の上、斜めには回転しないので、2回乗っても気持ち悪くはなりませんでした。爽快感というより、「笑い」です。

実は結構ハードなディスク・オー



園内のちょうど真ん中あたりに位置する「ディスク・オー」。扇型の装置の上をすべる装置のアトラクションは遊園地の定番ですが、ここのユニークなところは扇型の装置の上を巨大な円盤が滑るように動きつつ、円盤が回転するところですね。

20171224170049ca3.jpg

どちらかだけならありふれた動きですが、回転もするので、両端の高い場所にきたときには遠心力で遠くに投げたばされそうなスリリングな感覚を味わえます。

両端は結構な高さなので、浅草の街並みを一望することもできてなかなかの体感性を味わうことができました。


以上、花やしきで見逃しがちなユニークな二つのアトラクションの体感性ご紹介でした。お子さん連れの方はぜひ試してみてください。

関連記事


著者 ”さぐりん”の紹介

十代の一人娘と子猫と暮らすという、レア人種のアラフィフ男子。 ユニークな遊び体験やコンテンツ作品の背景にある社会や人の本質について、感じ、考えたことを発信しています。

こちらからフォロー、継続購読していただけたら、嬉しいです。


follow us in feedly

Comment

Add your comment