11/17リニューアルオープンのアリオ葛西はペット販売のコジマとキンダープラッツが目玉でした! 

セブンアンドアイのショッピングモール事業、アリオが昨日、葛西にオープンしました。

もともとはイトーヨーカドーだった店をリニューアルし、新たなテナントを誘致してアリオブランドに変更したようです。

江戸川区は都内の中でも子連れファミリーの多い地区ということもあり、ターゲットもこの層をメインに据えていると想定。

店舗内に入ると、新たなテナントの目玉は、やはりペット・ショップのコジマ、屋内遊び場のKinder Platz(キンダープラッツ)アカチャンホンポなど、小さいな子供のいるファミリー向けの施設となっていました。

ペット・ショップのコジマはディスプレイの設計が素晴らしく、大きなガラス張りのケージに子犬、子猫、小鳥、ハムスター、魚などが多数展示。

20171118175250e8a.jpg

特に子犬と子猫の眠っている姿には癒されました。

20171118175813871.jpg

小鳥がこのように一羽ずつガラス張りの籠に入れられているを見たのはここが初めてです。

20171118175304e20.jpg

首輪や餌などのペット用品もこのような圧巻の品揃え。

201711181752538d7.jpg

店内は気持ちよくなる香りが漂っており、歩いているだけでいい気分になりました。

これは集客装置として大きなパワーとなりそうです。

キンダープラッツは「創造性と主体性を育む子どもたちのための遊び場」というコンセプト。国内では横浜に次ぐ2店舗目となります。

絵本の中に入り込んだような空間設計が特徴とのこと。

実際、中には絵本が多数展示。身体を動かして遊べるコーナー、玩具コーナー、造形活動のワークショップもあり、未就学児から小学校低学年のお子さん男女の遊び場として考え尽くされた感がありました。

2017111817525547f.jpg

20171202125706e9e.jpg

料金も休日3時間で子供1,200円とリーズナブルな設定。

platz_fee_2017_10_01.png

来年2月には飲食店テナントを拡充予定とのこと。

「豚骨一燈」、「ゴーゴーカレー」、「カルディコーヒーファーム」、「回転寿司 海鮮三崎港」、「餃子の王将」などが新たに入居し、巨大なフードコートができるようです。現状は工事領域として一角が壁に覆われた状態でした。


ファミリーが1日過ごす店舗としてなかなかの施設でした。

近隣の方は足を運んでみるといいと思います!

関連記事


著者 ”さぐりん”の紹介

十代の一人娘と子猫と暮らすという、レア人種のアラフィフ男子。 ユニークな遊び体験やコンテンツ作品の背景にある社会や人の本質について、感じ、考えたことを発信しています。

こちらからフォロー、継続購読していただけたら、嬉しいです。


follow us in feedly

Comment

Add your comment