「家売るオンナ」「営業部長 吉良奈津子」「HOPE」- 企業ドラマに思う疑問 

リアリティ重視の企業ドラマ。今クールも企業を舞台としたドラマが複数放送中だか、現実の風景と比べるといつも違和感を覚える。例えばこんなところ。五十代以上の視聴者にはフィットするのかもしれないが。

201707172059362aa.jpg

今や大手企業でも夏場はクールビズを推進し、ノータイ、カジュアル服OKなはずだが、いつ見てもドラマのオフィスのサラリーマン(クリエイティブ系除く)はネクタイ着用のスーツ姿。

上司でも今は「さん」付けで呼ぶ会社は多いが、ドラマでは必ず上司本人にも対しても、同僚同士で上司の話をする時でも役職名で呼んでいる。

仕事が忙しいからといって、気軽にベビーシッターを頼める家庭は、金銭的にも精神的にもかなり少ないはず。勤務時間の8時間頼んだら、一万円は軽く超えるはずだ。

「闇金ウシジマくん」のような底辺の人々を描いたドラマを除き、通常ドラマで登場する家庭の部屋が豪華で整い過ぎ。生活感がない。

広告代理店ならもっと個性のある装いでクライアントに出向くが、ドラマだと銀行員と大差ない地味なスーツ。クリエイティブ性があまり感じられない。

今時50代の課長が部下を連れてクライアントを接待した時、課長自身が千鳥足になるほど酔っ払うことなど皆無。そんな上司がいたらたまらない。

インター試験を受ける学生のプレゼンスキルが両極端過ぎ。あんなうまく話せる学生もいなければ、あんなに噛みまくる学生もほとんどいない。大抵の学生は、つっかえながらも一通り話せるぐらい。

課長がしきる課のチームミーティングって、会議室でやるのが通常。自席に立って会議やるシーンに違和感。

フレックスとか在宅勤務とかの人は全く登場しない。 


関連記事


著者 ”さぐりん”の紹介

十代の一人娘と子猫と暮らすという、レア人種のアラフィフ男子。 ユニークな遊び体験やコンテンツ作品の背景にある社会や人の本質について、感じ、考えたことを発信しています。

こちらからフォロー、継続購読していただけたら、嬉しいです。


follow us in feedly

Comment

Add your comment