キャラクターと縁遠い業界とのコラボ〜警視庁、病院 

昨年7月に警視庁とキャラクターとのコラボ事例を紹介する記事を書いたが、同様にコンテンツ業界と縁遠い世界として、病院とキャラクターとのコラボ事例を紹介したい。

伝統工芸など、かつてはコンテンツ世界と縁遠かった業界とのコラボは非常に増えているが、こと病院となるとまだ数少ない。

アンパンマンやディズニーキャラクターなどのぬいぐるみを院内においているレベルがほとんど。

こちらはマイメロディーと外装・内装で全面的にコラボした 埼玉県草加市 にある歯医者さんの「 ハーツデンタルクリニック谷塚」。お子さんの来院ストレスを少しでも軽減しようとする試みといえそう。



もうひとつは「アイドルマスター」と 病院の中と外に張り出した宣伝ポスターでコラボした大阪市にある「あびこ動物病院」。



作品内キャラクターの我那覇響が犬や猫、ハムスターや豚のほかにヘビやワニなど飼っているほどの動物好きということで正式に版元のバンナムやアニプレックスと実現したコラボ。

ただし、病院の公式サイトには以下の記述がある。

「なお、院長ならびにスタッフは『アイドルマスター』に詳しいわけではなく一部の病院関係者が進めた企画ですので、病院スタッフはアニメやゲーム等のお話はできません。また、ポスターの配布・販売等もしておりません。あらかじめご了承ください。」

まだこういったキャラクターとの本格的コラボが実現していない世界として、ガソリンスタンド、スポーツジムなどがある。

どの会社か仕掛けてみては。



(下記は2016/7/25の過去記事)

キャラクターを中心とするコンテンツ(IP)は日常の様々なシーンに入り込み、人の注意を喚起し、その心を和らげているのは誰もが感じているところ。近年ではある意味対極の世界にある警視庁でも盛んにIPの力を借りた情報発信が行われている。例えばこんな事例がある。


・TVアニメ「アクティヴレイド」×警視庁 生活安全課 (2016年2月)
万引き防止啓発ポスターとして都内各所に掲示。 ポスターには、赤色の地に、「万引き」と大きく書かれ、若くして警部補になった天才・花咲里(かざり)あさみが腕組みをして仁王立ちしているイラストと「窃盗であり犯罪である。」「万引きは許しません!」というキャッチコピーがあしらわれている。
201607252012204b0.jpeg

・劇場版「仮面ライダー1号」× 警視庁&東京都(2016年2月)
近年、中高年による薬物乱用が大きな問題となる中、乱用者全体の約6割が40代以上というデータもあり、中高年層憧れのヒーローとして仮面ライダー1号/本郷猛に白羽の矢を立てた。
20160725201259d94.jpeg

・劇場版「アイカツ!」×警視庁犯罪抑止対策本部(2014年12月)
Twitterアカウント「@MPD_yokushi」を通じて、“オレオレ詐欺”対策をはじめとする防犯情報を発信。この活動を「アイカツ」にちなんで「ツイカツ!」と表現。 都内の駅などにコラボポスターを掲示し、都内の警察署(島部を除く)にA4サイズのフライヤーを配布。
20160725201426320.png

・ 劇場版「THE NEXT GENERATION ‐パトレイバー‐」×警視庁(2014年9月)
「警察官採用キャンペーン」、「自転車マナーアップキャンペーン」、「シートベルト全席着用キャンペーン」、「高速道路事故防止運動通行帯遵守」に続き、 「歩行者反射材着用警報発令」で5回目のコラボ。
20160725201548d26.jpeg

・マンガ「ばくおん!!」×警視庁(2014年5月)
東京・奥多摩で開催される「二輪車交通安全 5.4 奥多摩合同キャンペーン」では、「ばくおん!!」と警視庁&東京都のコラボグッズを数量限定で配布したほか、鈴鹿8耐に参戦予定の浜口レーシングによるコラボマシンを展示。
20160725201630673.jpeg


関連記事


著者 ”さぐりん”の紹介

十代の一人娘と子猫と暮らすという、レア人種のアラフィフ男子。 ユニークな遊び体験やコンテンツ作品の背景にある社会や人の本質について、感じ、考えたことを発信しています。

こちらからフォロー、継続購読していただけたら、嬉しいです。


follow us in feedly

Comment

Add your comment