”弁護士ドットコム”を知らないといつか後悔するよ 

弁護士との接点のなさ



弁護士という言葉から皆さんは何を想像するでしょうか。

賢い敷居が高い難しいなどといったイメージではないでしょうか。

海外に比べると平和ボケ感もあるこの日本では、若い独身のうちは弁護士との接点など皆無の人がほとんどだと推測します。

かくいう私も数年前までは弁護士との接点など皆無でした。

ですから利用する機会があるまでは、上記のイメージをもつのはある意味仕方ないかと思います。

さて、いざ何らかのトラブルにあい、自分だけで解決できない問題が発生したときにどうするかです。

知り合いの弁護士に相談するか、近所の弁護士から評判の良さそうな人に相談する人が多いように思います。

弁護士業界はまさに情報の非対称性で成り立っていますので、定価なるものは存在せず、利用者は言い値を支払うことになります。

最初の30分だけ無料相談を受け付ける弁護士もいますが、大抵相談するだけ5千円はかかってしまいますね。

弁護士ドットコムの使い方



ところがこちらの弁護士ドットコムというネットサービスを使えば、何度でもどんなジャンルの内容でも何度相談しても無料です。

20170907232528dc8.jpg

更に驚くべきは、質問を投げ込んでから回答があるまでのスピードです。

これまで20件ぐらい民事問題での適切な対応方法や、法解釈について質問を書き込んだことがありますが、全て1時間以内には弁護士から回答がありました。

驚愕です。

間違っても近所の弁護士事務所に最初に足を運んではだめです。

課金に気を付ける



ただこのサービス、商売なのでインタフェースが課金するように設計されている点が要注意です。

こちらの画面をみていただくとわかると思いますが、自分の相談事の類似事例をみようとすると、他の人が投稿した質問文を見るのは無料で、弁護士の回答はマスキングされています。

そして、その回答を見るためには有料会員になるよう、誘導しています。

201709072326081ca.jpg

まあ、月額わずか300円という破格の値段なのですが。

賢い使い方は、自分の相談事の類似事例を探すのでなく、ダイレクトに自分の相談を書き込むことです。

自分で相談、質問を投稿するのは何度でも無料なのです!

スマホからだと右上メニューからたどり、「相談を投稿する」というコーナーから書き込むのです。

20170908072526c4a.jpg

20170908072846b30.jpg

実名を記入する必要はなく、プライバシーは保たれているので大丈夫です。

一件の質問につき、大抵は数名の弁護士からそれぞれの言葉で回答があります。

弁護士ごとに微妙に異なる見解がくることも大変参考になります。

これだけで大分楽になり、心配事がへるはずです。


まだ利用したことのない方は、お試しで身の回りの困っている法的問題のことを書き込んでみて下さい。

きっと多くの気づきと学び、その結果としての安心がもたらされるはずです。

関連記事


著者 ”さぐりん”の紹介

十代の一人娘と子猫と暮らすという、レア人種のアラフィフ男子。 ユニークな遊び体験やコンテンツ作品の背景にある社会や人の本質について、感じ、考えたことを発信しています。

こちらからフォロー、継続購読していただけたら、嬉しいです。


follow us in feedly

Comment

Add your comment