生後5ヶ月 アメリカンショートヘアーの鳴き声の特徴4パターンとは? 

その後も元気に暮らしているアメリカンショートヘアーのそらくん。先月末に生後5ヶ月を迎え、体重も一回り大きくなりました。

アメリカンショートヘアーは、猫種の中でも活発で遊び好きかつ人懐っこいと言われています。
2017060521482143f.jpeg

飼い始めて2ヶ月を迎え、鳴き声に大きく4パターンあることがわかってきました。

朝晩、食事前のエサくれ甘え声の「ミャアー」


動物として最も基本的欲求で飼い主に期待する最大の行為が食事ですので、これが最も鳴く回数が多いです。

トーンが甘いのと、時折舌を巻くような鳴き声になるのが特徴です。

当然、餌をあげると、ピタッと止みます(笑)。そして食べ始めると、今度は喉を鳴らします。

食事前後にする排泄時、何かを探し求めているかのような「ミャーオ」


そらくんは毎日食事前後に用を足すのですが、その直前、3分前ぐらいから、必ず鳴きます。

用を足す場所を定めつつ、徘徊しながら、訴えかけるように1分ぐらい鳴きます。そして終わると鳴き止みます(笑)。


シャワー、爪切り、目やに掃除など、「止めて」の短い「ミャア」


どんな動物も嫌なこと、苦手なことがありますよね。猫は犬と違い、水が苦手ですので、シャワーは猛烈に嫌がり、短い「止めて!」という感じで「ミャア」と鳴きます。

シャワー以外でも、爪切り、お掃除で身体を押さえた時も同様に短く鳴きます。

挨拶の「ミャ!」


あまり頻度は多くないですが、そらのケージの前を横切ったり、外出先から帰って顔を合わせた時などに、この挨拶のような「ミャ!」が出ます。

最後に短い動画で終えたいと思います。


この記事が役に立った、又はそらくんを気に入っていただけましたら、下記ボタンでシェアをお願いいたします。

関連記事


著者 ”さぐりん”の紹介

十代の一人娘と子猫と暮らすという、レア人種のアラフィフ男子。 ユニークな遊び体験やコンテンツ作品の背景にある社会や人の本質について、感じ、考えたことを発信しています。

こちらからフォロー、継続購読していただけたら、嬉しいです。


follow us in feedly

Comment

Add your comment