組み合わせから生まれた、最近のヒット商品・パターン 

創造とは





創造とは、人が異質な情報群を組み合わせ統合して問題を解決し、社会あるいは個人レベルで、新しい価値を生むこと。




出所:日本創造学会の高橋誠氏

この言葉の通り、話題になったヒット商品・サービスは、歴史を紐解くと、既存のアイデアをうまく「組み合わせ」、試行錯誤の末に生まれたものであることがわかる。
組み合わせ

最近ヒットした流行として裸芸のアキラ100%と、ポケモンGOをここに取り上げてみる。

裸芸


井手らっきょ
裸芸人の元祖はたけし軍団の井手らっきょだろう。スリムな上半身裸の身体にスキンヘッドという出で立ちでボケるだけで、80年代当時立派な芸だった。

小島よしお
この裸芸に、ブリーフパンツ×シンプルなリズムダンス×「そんなの関係ねぇ、そんなの関係ねぇ、はい、オッパッピー‼︎」という印象的フレーズという組み合わせでゼロ年代にブレークしたのが小島よしおだ。

彼は最近、この裸芸を子供向けに特化させて再ブレークをはたしている。このターゲットを変えて内容をリメイクし、日々改善をはかっていくという手法は他のコンテンツづくりや商品開発でも取り入れられるはずだ。

冒頭の「創造」の定義にあるように、世界中の子供達に笑顔をもたらすという社会的価値を生み出している。

とにかく明るい安村
上記二人が鍛え上げられた筋肉も売りだった体型だったのに対して、みるからにぽっちゃりで美しくはない体型をビキニパンツ姿であえて大勢にさらけだしたのがこのとにかく明るい安村だ。はずかしい体型× 「安心してください、穿いてますよ」という決め台詞×全裸に見えるポーズという組み合わせによる新たな価値創造だ。

アキラ100%
今年の R-1ぐらんぷりで優勝をはたし、一躍人気者となったアキラ100%。こちらはスポーツインストラクターも務める鍛え上げられた美しい身体×本当の全裸にお盆1枚の回転技やポージングというシンプルなもの。余計なものを一切剥いで磨き上げることで、放送事故へのリスクという緊張感を作り出すことに成功している。

ポケモンGO


昨年日本のみならず世界でブレークしたこのARゲーム。こちらも組み合わせかた価値創造されたヒット商品の典型だろう。

「イングレス」などで徐々に熟成されてきたAR技術×街歩きによる発見×収集・育成というゲームシステム×ポケモンという世界的IP(コンテンツ)という組み合わせだ。

今後AR技術は更に進化するだろうから、収集・育成以外のゲームシステムを主軸とした新たなヒットARゲームが登場してくるのは時間の問題だろう。

なぜこんな記事を書いているかというと、実はアニメ「サクラクエスト」4話の中に、伝統と最先端技術の融合による町おこしネタが登場していたから(笑)。伝統工芸の彫刻に、技術屋で発明を手掛ける間野山の町民が開発していたパワードスーツを組み合わせて町を活性化させるネタにしょうとする。

しかし、このアニメでは彫刻の伝統を守る職人に、伝統工芸への深い理解がないことをあっさりと見抜かれ、あえなく却下されてしまう。今までにはない組み合わせのアイデアを考え作りあげるところまではよかったが、冒頭の「創造」の定義にある、「問題を解決し社会レベルの価値を生む」というところに失敗した例ということになる。
関連記事


著者 ”さぐりん”の紹介

十代の一人娘と子猫と暮らすという、レア人種のアラフィフ男子。 ユニークな遊び体験やコンテンツ作品の背景にある社会や人の本質について、感じ、考えたことを発信しています。

こちらからフォロー、継続購読していただけたら、嬉しいです。


follow us in feedly

Comment

Add your comment