昔と今、今と未来〜20年間ぐらいでのテクノロジーの進化による生活への恩恵 

ゼロ年代以降、ブロードバンドが普及、更に2010年代以降のモバイル端末の普及により、ライフスタイルは本当に大きく変わったと改めて思う。これらからの自分にとっての恩恵ベスト10はこれだ。

  1. 電車・バス、待ち合わせ場所などで、スマホがあれば、映画、ドラマ、アニメ、ゲーム、漫画、SNS、ニュースなどなんでもあり。移動や待ち時間が苦痛でなくなった。
  2. 車、徒歩、電車でも、最短経路で道に迷うことなく目的地にたどり着けるようになった。
  3. 一番安い価格でものを買えるようになった。
  4. ネット通販で大抵のものは翌日届くようになった。
  5. スマホ決済、コンビニATMなどでお金のやり取りが簡単になった。
  6. 部屋、車、洋服、電気製品、家具、デジタルコンテンツなど多くのものが所有することなく、使いたい時だけ支払って安価に利用できるようになった。
  7. Facebookがきっかけで学生時代の友人と再会できた。
  8. 各種ツールで文章、動画、音楽、イラストなど、個人が容易に創作し、世の中に発表できるようになった。
  9. 自宅でもクラウドソーシングなどで少額だが簡単に稼げるようになった。
  10. スマホ、タブレットで、月額千円程度での安価な学習(教育)が可能になった。


201606221826338da.jpeg


今後20年先に向けての技術・制度革新で期待するものはこちら。

  1. 自動車の運転中は、音楽を聴くぐらいしかできないし、事故の危険、渋滞にはまる可能性がある。自動運転車を利用できるようになったら、自由な時間が大幅に増える。
  2. 自宅で病気の予防と診断が手軽に一定の精度でできたら、心配が減る。
  3. 朝の満員電車のストレスは子どもの頃からほとんど変わっていない。移動技術の進化とともに、勤務時間・場所の自由化が進めば、大きく変わる可能性がある。
  4. 自宅で安価にリアルな仮想旅行や仮想現実体験ができたら、精神の奥行が圧倒的に広がる。立体映像コミュニケーションで他の場所にいる人とのコミュニケーションによる体験性も大きく変わる。
  5. 気のきくプライベートの秘書ロボットが自宅に入れてくれたら、忘れ物や怒られることも減り、ストレス減るだろうな。


特に3つ目をどうにかしたいと思う毎日です。

関連記事


著者 ”さぐりん”の紹介

十代の一人娘と子猫と暮らすという、レア人種のアラフィフ男子。 ユニークな遊び体験やコンテンツ作品の背景にある社会や人の本質について、感じ、考えたことを発信しています。

こちらからフォロー、継続購読していただけたら、嬉しいです。


follow us in feedly

Comment

Add your comment