「就活家族」7話の突っ込みどころ5つ 

ドラマとしての演出とわかった上で、あえてこのブログを訪れていただいた皆様に楽しんでいただくつもりで「ありえねえ〜」と、突っ込んでみます。


辞めさせらた会社にバイトの清掃員の姿で行き、役員に出世した元同僚にからむ





いやー、辞めさせられた会社に清掃のバイトに行くことになったら、その日は休むでしょ。洋輔さんは日銭に困っているわけではないようだし。

相手の言葉に激昂してモップを役員に突きつけたりしたら、その後さらなる災難が待ち受けているのは自明の理。

気持ちはわからないでもないが、洋輔さん、キレ過ぎですよ。


クレジットカードの請求書から、高額のホスト代請求が家族にバレる



何で母親のホスト代と、娘の洋服代が同じクレジットカードで請求されているのか。

誰の名義のカードなんでしょう?
家族でクレジットカードを共有している人など、きいたことない。

まして家族に隠しておきたかったホスト遊びのお金代をその共有クレジットカードで落とすって、どういうこと?

これは無理がありすぎ。


悪徳塾経営者に不倫写真を週刊誌に送るぞと脅され、懇意にしている議員を紹介する



こんな脅しに一回乗ったら次々とその後も脅され、これまで築いた人脈失うだけ。

とっとと警察か弁護士にでも相談するでしょ。
会話録音してしておけば脅迫の証拠などすぐ握れるのに。


家族4人ほぼ失業状態で家を買い換える



一家憧れのマイホームって発想は、完全に昭和の右肩上がり経済前提のもの。
まして家族4人ともほぼ失業状態かつ、子供二人とももう独立していい年頃なのに。
家族の幸せ=マイホームという発想は完全に時代錯誤といしかいいようがない。


結婚に向けた初の食事会で罵倒し合う娘の彼氏と父親



いくら気に食わない相手だとしても、洋輔の対応はありえないでしょ。
そんなに嫌いなら、最初から会わないのが礼儀というもの。

自宅の食事会に初めて招いた結婚を考えている娘の彼氏に対して、あんな至近距離からこうたたみかける親がいたら、驚愕ものだ。

「で、君は成功する自信はあるのか」
「成功する確証はあるのか」
「そんなことで娘を養っていけるのかあ?」
「そんな男が娘を幸せにできるのか」

いろいろ書いてしまいましたが、私はこのドラマ、大好きです。
TSU893_kyoukaisen_TP_V.jpg

最終話に向けて、バラバラになりつつある家族はどうなるのか。
私は、ハッピーエンドを期待し、予想します。

「就活家族」第3話〜鏡の法則から解きあかせ!
「就活家族」第1話の展開と今後の見所

関連記事


著者 ”さぐりん”の紹介

十代の一人娘と子猫と暮らすという、レア人種のアラフィフ男子。 ユニークな遊び体験やコンテンツ作品の背景にある社会や人の本質について、感じ、考えたことを発信しています。

こちらからフォロー、継続購読していただけたら、嬉しいです。


follow us in feedly

Comment

Add your comment