一人でコミュニティに参加する時の感覚はこう。僕はコミュ障⁉︎ 

最近やたらコミュニティという言葉を各所で目にします。先月は世界で今最も注目されるコミュニティプラットフォーム企業であるWeWorkとソフトバンクが合弁会社を日本に設立するという発表がありました。場所貸しだけでなく、アメニティ、イベントなどを通したクリエイターの居心地のよい環境づくりに注力しているとこと、そしてリアル空間から様々なデータをトラッキングして新たな空間づくりに活かしているテクノロジー企業である...
Read More

このブログタイトルの意味について初めて書きます 

このブログのタイトルは「クロスメディアと社会の狭間で」。一言ではいえないこのタイトルにした背景はこうです。もともとエンターテイメントというか、人のこころを動かすこと、感動させるものに強い関心がありました。これこそ最も価値あることなのではないか。中高生のころ、漠然とそうした想いを抱いた覚えがあります。その後、学生を卒業してからは、アラフィフの年齢になるまで、上記とは近いとも遠いともいえないマーケティ...
Read More

早朝散歩の身体・精神面だけでない効果とは何か? 

中学生の子供とともに、目覚めをよくし、心身の健康をはかるために、2週間前から毎日朝食後に散歩をしています。毎日約15分ほど、近くの公園に行き、そこでブランコに軽く乗りながら、辺りの木々を眺めています。早朝の静かな公園にて、全身で朝日とそよ風にあたっていると、心の安らぎを感じます。最近よく出会うのがこちらの猫たち。絵として更に癒されます。行き帰りに周辺をよく観察しながら歩いていると、普段の通勤で通って...
Read More

漫画「おとろし」~グロい表現はないものの、各話が怖く不気味な理由とは? 

昨日の記事で、一番怖いのは「人のこころ」と書きました。そんな怖い人のこころを描いたいい漫画はないものかと探していたら、見事にハマる作品を見つけてしまいました。カラスヤサトシ先生の「おとろし」です。この「おとろし」という言葉は、江戸時代の絵巻に登場した妖怪のことです。和風ホラーといえば長い黒髪の女が多頻度で登場しますが、その原型ともいえる存在ですね。おととい体験した「東京タワーに届いた柩」での最恐の...
Read More

怖いものとは例えば何?〜私の怖いものランキング1位はこれ 

昨日の「東京タワーに届いた柩」に登場した貞子風演者の恐怖の残像が残っています(笑)。昨日の体験時は怖かったですが、今は怖くありません。それが今、未来の自分にマイナスの影響をなんら与えないとわかっているからです。世の中の人にとって怖いものとはこちらに男女別に怖いものが何かをきいたアンケート結果(2013年調査、N=4,322)があります。1位は男女ともに「地震、雷、火事などの災害」です。2位以下は男女で異なるのが...
Read More

お化け屋敷「東京タワーに届いた柩」の怖さはこの夏1番だった!〜2連続で体験してみた感想 

2015年から東京タワーの夏の恒例イベントとなったお化け屋敷。手掛けるのは松竹お化け屋敷本舗。公式サイトをみると、蝋人形師とその作品である蝋人形がテーマの模様。過去にこの蝋人形師が失踪した後、工房に届けられた小箱にはこの男の蝋人形が入っていたという事件が発生。その後、この蝋人形まで行方不明に。この設定を前提としたホラーアトラクションということで、アトラクション内には柩や蝋人形が配置されているのでしょう...
Read More

おじさんからの眠れない夜を通した贈り物(大したことないおせっかいです) 

私は中学生の子供がいるアラフィフのおじさんです。孔子によれば、40歳で不惑、つまり人生に迷いがなくなり、50歳で知命、つまり自分の使命を知ると。いやいや自分含め、40歳過ぎても人は多いに悩む存在だよ!と思うのは自分ばかりではないと思います。少しネットを検索すれば、人生で40-50代が最も満足度が低いという調査結果が多数ヒットします。かくいう私も昨日は嫌なことが重なり、一睡もできないという事態をむかえました。(...
Read More

ヴィレッジヴァンガードの現在と未来〜渋谷本店を訪れて 

渋谷の宇田川町にあったヴィレッジヴァンガードが今年3月、渋谷パルコパート1内の同店舗も8月初旬に閉店。もう少し調べると、新宿、池袋、高田馬場でも今年になって閉店となっている模様。これだけ都心で閉店ラッシュが続いているところをもると、何か異変が起きているのに違いない。そう思って株価推移を見ると、2003年のJASDAQ上場後、2006年がピークでその後10年に渡ってずっと下降傾向にあるんですね。数年前までは、遊べる本...
Read More

【2017年の恐怖地図】都心お化け屋敷マップ〜常設、常設&コンテンツ入れ替え、期間限定別に 

物好きが高じて都心のお化け屋敷を地図上にプロットしてみました。こうすることで、誰かの役に立つこともあるのかなということで。地図上の青の地点は、常設施設、緑の地点は施設は常設でコンテンツが定期的に入れ替わるタイプ、赤は期間限定施設です。体験済み18施設私がこれまで行ったことのある2017年のお化け屋敷はこちらの18ヶ所。特に上の5つはオススメです。台場怪奇学校東京ドームシティアトラクションズ 「恐怖の首すじ理...
Read More

人はなぜお化け屋敷などの恐怖体験を求めるのか〜恐怖という感情の考察 

お化け屋敷に多数行くようになって、なぜ行きたくなるのか、この恐怖という感情は何なのかを整理したくなりました。いくつか調べていく中で、自分の理解も兼ねてここにまとめてみます。なぜ恐怖というネガティヴな感情を喚起するホラー映画やお化け屋敷などに人は惹かれるのか獰猛なクマやサメ、あるいはいかにもいかつい暴力的な人の近くにわざわざ自分から近づきたいと思う人はほとんどいないでしょう。なぜなら身の危険を感じ、...
Read More