バカレイドッグスの感想〜ブラックジャック×ダイナーと思ったら実は... 

2017年10月、ヤングマガジンで連載が始まり、先日2/6に単行本1巻が発売された本作。腕のいい闇医者が主人公の話ということで現代版ブラックジャックかという思いで読み進めました。あくまで治療費というお金の前払いというルールに忠実に、困難な治療を難なくこなす闇医者、犬童辰次。高額な治療費を要求し、金を払わない客は、目の前で生命の危機があろうと一切手を下さない。闇社会に関わったことで落とし前としてヤクザに腕を切...
Read More

小説ダイナーのコミカライズの感想〜同設定を利用した別作品。命とは誰のもの? 

数年前に読んで印象深かった小説「ダイナー」の漫画版が20181/19に単行本(2巻まで)として発売されたので、読んでみました。この原作小説は「おすすめ文庫王国2013年」国内ミステリー第1位にも選出された傑作です。冴えない一人暮らしの女性(オオバカナコ)が金欲しさに携帯闇サイトのバイトに手を出したことから事件に巻き込まれ、人身売買を通して殺し屋だけが客のレストランの店主(ボンベロ)に買われる。そして客として訪れ...
Read More

ライミングマンの感想〜ラップって面白いの?と思っている方への架け橋となる漫画 

親がラッパーの高校生主人公の成長物語です。ヤングアニマル連載作品で昨年11月に単行本1巻が発売されました。かつて売れたラッパーだった父親ですが、今は食べていくのもやっとの状態ながら、夢を諦めない。息子の踏男も幼い頃から父親にラップを叩き込まれてきたが、今となっては熱も冷め人生を模索している状態。まだ1巻のみの発売ですが、この親子が明日をつかむために周りのラッパーと絡み合いながら奮闘していくストーリーに...
Read More

楽園の神娘(クロリス)の感想〜植物への愛は母性賛歌か 

世界観設定が異色の、good!アフタヌーン連載中作品です。2018/1/5に第1巻が発売されました。舞台は研究施設の爆発事故により猛毒をもった植物がばらまかれた未来世界。ここでは花精種(ダフネ)という遺伝子操作による動く植物、人造生命体である神娘(クロリス)とともに人間の男性が生活しており、人間は子孫を残すために女性の生き残りを探しています。人間が激減した中、幼女の姿の主人公メイは、地球上で唯一の女性〜子孫を残...
Read More

創世のタイガ2巻の感想~主人公の生き方からみえる現代人への強烈なメッセージとは? 

2018/1/23に2巻が発売されました。ちょうど最近「サピエンス全史」( ビジネス書大賞2017大賞 受賞作品)を読んでいたので、妙に二つの作品(漫画とビジネス書)がシンクロし、楽しめました。(※1巻のあらすじと感想はこちら)「サピエンス 全史」の著者ユヴァル・ノア・ハラリはこういっています。人は時代の新しい技術を開発し、文明を築きあげてきましたが、必ずしもそれは幸福につながってはいないのではないか。人類は、地上を...
Read More