アニメ 賭ケグルイ 1話からの考察〜ギャンブルの理不尽さとイメージ 

原作漫画が200万部を突破した上での今クールアニメ化ということで、どこまでこの作品がメジャー化するか、注目しています。作品の魅力「カイジ」、「嘘喰い」、「ライアーゲーム」など、ギャンブルものの人間心理を扱った作品は数多いですね。その中でもこの作品は、1話を視聴した限り、世界観として、学園が舞台、美少女を主人公に、男性を女性より下位の存在としたシステムを取り入れたこと、香川照之でメジャー化した顔芸(それ...
Read More

アニメ「サクラダリセット」の会話につっこんでみる 

(※ その後2クール目に突入したので、記事を更新しました。)またも時間、記憶の忘却、人固有の能力という人間の克服できない制約に対する願望が現れた作品だなあと。セリフが理屈っぽいのは評価が分かれるところだろうが、私は好み。「親しくすることに意味はあるのかな」人は気が合うからなんとなく親しくしようとする。そこに意味があるかという問いはたてないから、この会話でむむ⁈!と立ち止まる。「互いに理解するためにいろん...
Read More

笑うセールスマンNew 12話感想、考察〜バーチャル喪黒さん登場‼︎ 

チャットルームの王様この12話では4話のSNSネタに続いて、現代的なネット社会での人間の行動・欲望と、そこから身を滅ぼすあり様が描かれていました。アバターになったチャットルームの人たちが集まった空間は「サマーウォーズ」のOZみたいに見えました。それがこちら。なにやらネット上で座談会が始まってますよ〜#笑ゥNEW pic.twitter.com/RUORxFa4Gy— 「笑ゥせぇるすまんNEW」公式 (@warau_new) 2017年6月19日アバターに...
Read More

「笑うセールスマンNew」11話の感想、考察〜ここでも登場する親のエゴ問題 

こちらの記事で書いたように、今クールのドラマ「母になる」7話では親のエゴの問題が描かれていました。今回笑うセールスマンNew11話の後半エピソード「私はアイドル」で喪黒さんがうめようとしたのも、この親の子に対するエゴという心の隙間でしたね。エピソードの冒頭は今のエンタメ市場を象徴するアイドルの舞台。握手会という自分だけの体験を求めておじさん達が殺到。非日常空間でのライブパフォーマンスに夢中になっています...
Read More

アニメ「リクリエイターズ」9話 感想、考察〜築城院 真鍳は女版ジョーカーだね 

動機不明この女、築城院 真鍳(ちくじょういん・まがね)の言動を聞いていると、何がしたいのかわかりませんね。視聴者も混乱するなら当然、実際に相対している颯太、アリステリア、まみかも混乱します。だいだい『言葉無限欺』という、自分の嘘を相手に否定させ、その嘘を現実のものとして定着させるという能力からして意味不明感が満載です。この動機不明な気味悪さはあの「ダークナイト」のジョーカーを彷彿とさせます。ジョーカ...
Read More